« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

土のう袋のジャガイモ君

我が家の菜園でのジャガイモ君は深型プランターとそれに植わっている芽をかいたものを挿し木したプランターとあと土のう袋で育てています。今回は土のう袋のジャガイモ君の紹介です。Pb250057

プランターより数日遅れて植えつけたけどそれ以上になんか成長が遅いです。多分それは土のせいかもしれません。プランターの方はホームセンターで買った培養土ですがこちらは以前にも紹介した軽量人工土で元肥が不足していたのかもしれません。でも出来の悪い子ほどかわいいとよく言うのでじっくり育てようと思ってます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

肥料作り その2

先日小松菜その1の収穫がすべて終ってそのプランターを何とかしなくっちゃと思っていたところ昨日の我が家地方はポカポカ陽気で菜園日和でした。とりあえず振るって底石と根っこと土に分けました。Pb250062

いつもは土には堆肥と石灰を少々混ぜてプランターに戻してフタをして1週間くらい養生させるんですが、そうだこの間の生ごみ堆肥はどうなったかなと気になり様子をうかがう事に。土のう袋をあけ中をのぞくと生ごみに白い粉のようなものが・・・これが噂の”糸状菌”?発酵が進んでるにかな?  と、いう事でちょっと実験することに・・・Pb250063

底石の上に薄く土を入れその上に生ごみ堆肥を敷き詰めました。そしてその上に土をかぶせあとはいつものようにふたをして養生させる事に。これで生ごみ堆肥は微生物にむしゃむしゃ食べられて完熟へと向かうでしょうか?何日かたったら掘り返してみましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あっ、人参だ

昨日の日曜日はわりと風もなく屋上で菜園作業をするにはもってこいの陽気でした。水やりしたり、追肥したり作業をしながら野菜たちをチェックしていると三寸人参のオレンジ色の首が土の中から見えだしているではありませんか。さっそく写真におさめました。Pb250060

収穫はもうすぐそこです。今度の日曜日には抜いてみましょう。楽しみ~~♪♪。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ネギの再生

ネギって切っても切っても再生しやすいとは聞いてたけど・・・Pb250053

現在、万能ネギ君は末っ子が加わり三兄弟となってます。けっこう薬味として使うので消費量が多いです。一人前なのは長男坊だけなので生産が間に合ってません。でも次男坊がだいぶ大きくなってきていてあと2週間もすればなんとかなるんじゃないかと期待してます。Pb250054

三男坊はまだまだひょろひょろです。でもいつか一人前になってみせるぞ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに穫ったあ!

う~うううう、明日まで待てな~い。ついに予定より1日早かったけどダイコン君を抜きました。思ったより手ごたえはなかったけど(ダイコンを抜くなんて人生初体験!)土の中から出てきたのは紛れもなく写真の通り”耐病総太りだいこん”そのものです。Pb180007

直径8cm、長さ47cm。タネの袋に書いてある予定寸法より約10cmも長かった。とりあえず8本中3本抜いて、約束通り知り合いのハッシィーさんといっちゃんにそれぞれ1本ずつあげて、我が家ではおでんにいれて今晩さっそくいただきました。1本すべては使い切れなかったので明日また違う料理に使います。でもこんなにまっすぐ素直に育ってくれて親としては何も言うことがありません。 うれし~~~~~い。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いい天気 その2

今日の東京は天気は良かったけど、風はさすがに冬モード。でもそんなの関係ない!と今日1日の半分は屋上でいろいろ作業してました。小松菜さんはたくさん収穫しようと思ったけど取り合えず昼食のお味噌汁用に少しとってきた。Pb180020

左のちょこっと見えるのは万能ネギ君で昼食の丼物の薬味になりました。

あと抜きたい衝動を必死に押さえでいるダイコン君が植わっている大型プランターの紹介です。Pb180019

奥にそびえ立って見える葉っぱがダイコン君です。今度の金曜日の勤労感謝の日に抜く予定です。 ちなみに手前が牛蒡くんですが、やはりこれでも深さが足りないのかここにきて成長が・・・なんとかがんばれよ!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

いい天気

今日は1週間ぶりの休日。朝、日の出と共に屋上へ。以前挿し木したジャガイモ君ですがしばらくシートで遮光し、たっぷり水やりして様子をみてました。Pb090020

そしてシートをとって約1週間、この写真が今朝撮ったもの。Pb180018

なんとか根付いたみたい。あとは肝心のジャガイモ君ができるかどうか?です。

あと小松菜さんが収穫時期を迎えました。あとで収穫してきます。おひたしか、味噌汁か、どんな姿にかわるでしょうか、たのしみだ。Pb180017

| | コメント (1) | トラックバック (0)

収穫一歩手前

おととい・昨日とちょっと仕事からの帰りが遅かったんで菜園を見る時間がなかったけど今日は早めに帰れたので屋上にさっそく出てみた。なんてったって年内のメインイベントはダイコン君です。元気もりもり大きくなってきていたのはわかってたけど、今日改めて計ってみたら直径が7cm~7.5cm位もあってタネの袋には8cmで収穫と書いてあった。Pb130010

結構、たくましくなってます。ここ1週間がラストスパートです。

追伸 土のう袋の堆肥のタネはあまり熱があがってきません。失敗でしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

三寸人参

今日は朝から曇りながら (^。^) なんとか家のへんは雨は降らず朝から屋上へ。三寸人参の葉っぱがけっこうりっぱになってきた。Pb100008

こんなに知らぬ間に密集してるよ。大変大変。タネの袋には10cmおきにと書いてある。もう1回間引かねば・・・1本おきに残念ながら引っこ抜く事に。するとどうでしょう、こんなかわいい3寸人参の子供たちがでてきました。Pb100009

人参そのものはなんとかいただくとして、葉っぱも捨てるのも、たいへん気が引けるし何とか料理したい・・そこで7本のうち3本は母にプレゼント。残り4本の調理は娘と協議の結果、できあがったのはこのようなものに・・・Pb110007

ぱっと見、お好み焼きみたいですが自分が作れるはずがなく、そう単なる玉子焼きです。人参本体と葉っぱを細かくきざんで玉子と混ぜて焼いただけ。これが今日の我が家の昼食のメインです。こんなもんでも娘だけはおいしいと言って食べてくれる親思いのいい子です。クククっ。 ちなみに卵焼きの上にかかっている緑のものはそう 自前の薬味ねぎです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

肥料作り

東京地方は朝から雨で、とても屋上での菜園作業はせっかくの休日なのになのに残念モード。それならばと先日買った”生ゴミ堆肥ですてきに土ずくり”の本でも読もっと。まずはなになに・・・”堆肥のタネ”を作るの?準備するのは落ち葉・花ガラ・土・米ぬか。よしっ、といっても家の前を掃いたくらいじゃたいした量はないし公園でもいって拾ってくるか。(思い立つとすぐ行動しないとすまない性格) でもひとりじゃはずいなあ。ということで娘を買収して雨の中ボランティア活動で掃除している振りして拾ってきたよ。近所のおばさんに「ごくろうさま、雨の中大変ねえ」って言われ「はあ」と答えちょっと照れ笑い。そんな落ち葉たちと土・米ぬか・水を混ぜ合わすということなので写真がその状態。Pb100007

その混ぜ合わせたものを、土のう袋2つに詰め分けあとは3~4日その状態で待つと発酵が始まり熱が出て40℃くらいまで温かくなるそうでだ。Pb100013

そしてこのままだと今日の雨で濡れちゃうしカラスにでもつっつかれると大変なので上からボックスをこんな風にのっけておいた。Pb100011

カラスも大敵だけどこれじゃあ熱がこもりすぎるかな?明日の朝要チェック!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっと 出た。

この間、薬味用ねぎの兄弟の事は紹介したんだけど、2人兄弟では需要に追いつけないかもしれないので 実は3人?目の兄弟たちを種まきしてました。でもいままでの2人は種まきして3~4日で発芽しんだけど今回は1週間たっても発芽してきません。11月に入って気温もだいぶ下がってきたし・・・それとも種に土をたくさんかけすぎたかな・・とか考えてなかなかなか生まてこない赤ちゃんを待つような気持ちで心配してました。でもきっと気温のせいということで保温のビニールで暖める事に。Pb090019

保温用のビニールも買ってはあったけどとりあえず塗装とかの養生に使うマスカーを巻いておきました。するとどうでしょう、この写真でわかるでしょうか?ちっちゃく発芽してきてるのが。よかったぁ~~~♪発芽してくれてありがと~う。

     

| | コメント (2) | トラックバック (0)

じゃがいも君の挿し木

先日、じゃがいも君の芽かきをしました。植え付け当時、種芋が急に手に入ったものでプランターも1つしか空いていなかったのでそれに3ヶ、土のう袋に1ヶ、あと花壇の端にあそびで1ヶの計5ヶ植えつけました。そのうちのプランターのじゃがいも君を今回芽かきしたわけですが、抜いた芽がどうしても捨てることができず、あとできればもうちょっと量を収穫したい、そう思っていたらどなたかのブログでジャガイモは挿し木できると読んだ事を思い出しちょうどチンゲン菜が植わっていたプランターが空いていたのでちょっと簡単に耕して(おおげさ・・)植えました。たっぷり水やりをし、様子を見る事に・・・Pb040012

無事、根付くでしょうか?この1週間が勝負です。がんばれ!未来のジャガイモ君!!

(お徳用ボックス) コントレックス ペット 1.5L×12本 (お徳用ボックス) コントレックス ペット 1.5L×12本

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (1)

小松菜の間引き

今日夕方仕事から帰ってきて屋上を巡回(というほど広くありません)していると小松菜のプランターがすごいことになっていた。虫除けのためにサンサンネットを掛けているんだけど、ところ狭しと密集しているではないですか。これはたいへん・・もう間引きは終っていると思ってたけどとりあえず収穫にはまだ少々小さいですが間引きと収穫の中間っていうことにしました。Pb060011

クラーク ウルトラ防虫サンサンネット 1.8×5m Kitchen クラーク ウルトラ防虫サンサンネット 1.8×5m

販売元:クラーク
Amazon.co.jpで詳細を確認する

とりあえず小松菜のおひたしのでも・・・と奥様にお願いしました。その奥様が昨日の夕飯につくってくれたマイチンゲン菜がのった九州旅行のおみやげのラーメンPb050009 です。

下膨れダイコンちゃんで作ってくれた”いためなます”です。Pb050007

それからwoodsさんのブログでミミズちゃんのフンで肥料を自作している記事に刺激され自分もと思い、本を買ってきました。

ひと目でわかる!図解「生ゴミ堆肥」ですてきに土づくり (ひと目でわかる!図解)

著者:門田 幸代

ひと目でわかる!図解「生ゴミ堆肥」ですてきに土づくり (ひと目でわかる!図解)

この堆肥で作った土には虫もつきにくいそうでこれからチャレンジするつもり。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

突然の春菊ちゃんがやってきた

先週末、知り合いのハッシーさんから春菊の苗を2ヶもらいました。今年の栽培候補に最後まで残ってたんですが、小松菜と決選投票して惜しくも落選していました。春菊って種から蒔くものだと思ってましたが苗でも売っているんですね。勉強になりました。せっかくもらったので昨日の日曜日にプランターに植えようかなと思ったところ、実は菜園プランターも土も買い置きがなくどうしたもんかと悩んだ末(朝早くなものでお店もまだやってなくせっかちな自分は植えようと思ったらすぐに植えたくなってしまうのです)標準タイプのプランターが確かあったなと思い出し物置をひっくり返し発見、また土は以前ベランダ庭園を(名前ほどたいしたもんじゃない)つくったときのビバソイルという軽量人工土壌があまっていたのでそれを使ってみることにしました。草花は我が家でも実績がありますが野菜は果たしてどうでしょうか?ただ標準プランターではいかにも小さいので例によってベニヤで木枠を作り土量を増やしました。Pb040008

はたしてお鍋の材料になるくらい収穫できるでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大収穫

そろそろいい加減収穫しなくてはと思っていたんですが きょうは休めたので日の出と共にいざ屋上へ・・Pb030007_4

ホウレンソウの大漁です(^。^)いちばん大きいのは40cmくらいあります。もううれしくて笑いが止まりません。この気持ちって家庭菜園をやってるものにしかわからないですねぇ♪~このホウレンソウは我が家の定番のほうれんそうなべとして生まれかわります。Pb030010

それから30日だいこんが4ヶ。設計上は下膨れちゃんになるのが理想なので左から2番目が優等生です。あとチンゲン菜が10ヶほど獲れました。

これでホウレンソウの1期生とチンゲン菜は終了なので2つプランターが空いたので次はなにを作ろうかわくわく検討中です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

30日ダイコン(2期生)

30日ダイコンの1期生は先週から5ヶ収穫でき今週末にはいっきに5ヶほど収穫できる予定です。30日とはいえけっこう1人前になるには日にちがかかりますねぇ。 どうやってごちそうになるか考え中です♪

ところで1期生に遅れること1ヶ月。10月12日に種まきした2期生がこの写真です。Pa310002

1期生と比べ、菜園プランターにベニヤで作った15cmくらいの高さの木枠をのせ土の量を増やしました。そのせいかわかりませんが同時期で比べる2期生のほうが成長がいいみたいです。これから気温が日に日に下がっていくのでどこまで順調に育つか、しっかり見守ってやるつもりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »